デイトレ銘柄選び | デイトレ銘柄ならPAJ

デイトレ銘柄選びで勝ち続けるランキングの高い有力投資家の情報を独自に分析し、当日急騰する株情報を無料公開中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月26日(火)推奨銘柄の買い材料

デイトレ銘柄選びで連戦連勝の有力投資家情報を現役金融マンが集計分析し、当日急騰する銘柄情報として提供!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
デイトレ銘柄選び
推奨株は毎朝8時に公開しています。

発行者:世良 希
編集協力:プライムアセットジャパン
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

5月26日(火)デイトレ推奨銘柄の直近の開示情報です。

ご活用ください。

2372 アイロムホールディングス(東証1部)

iPS細胞の作製に関する特許を日本と米国で取得したと伝わっている。

特許を取得したのは「センダイウイルスベクター」という技術で、細胞をがん化する危険性が少ないものとなっている。

iPS細胞の市場が今後広がりを見せると想定されている中、中長期的な特許料収入の拡大などが期待される状況にもなっているようだ。

3073 ダイヤモンドダイニング(東証2部)

21日、子会社のバグースが、“BAGUS 天神店(ばぐーす てんじんてん)”を福岡市・天神に新規出店すると発表。

西鉄福岡(天神)駅(天神大牟田線)・赤坂駅(地下鉄空港線)が最寄りの天神サザン通りパルスへの出店。

オープン予定日は6月5日。

“BAGUS 天神店”では、ビリヤード、ダーツについて地域最大級の設置台数を完備。

席数は78席。アジアンリゾートを思わせる解放感溢れる空間を提供する。

ダーツ、カラオケを設置した個室ではプライベートパーティーも利用できる。

営業時間は12:00~5:00。

ダイヤモンドダイニング<3073>は、首都圏を中心に多業態展開による飲食事業を主力とするとともに、ダーツやビリヤード、カラオケなどのアミューズメント事業も手掛けている。

保有ブランドの多様性を活かした、ブランドマネジメント制とドミナント展開が特長。

4783 日本コンピュータ・ダイナミクス(東証JQS)

ベンチャー企業のエイ・オー・テクノロジーズと電気通信大学の範公可准教授が共同開発した「メモリー型コンピューティング」技術を使い、データ検索などの処理を従来のコンピュータ処理と比較して最大で百万倍近く高速化できるシステムの開発に着手したと発表している。

今秋頃の商品化を目指すほか、データ検索のみならず様々な用途への展開を考えているという。

4838 スペースシャワーネットワーク(東証JQS)

フジHD<4676>と資本業務提携すると発表している。

フジHDを割当先として新株式64万株を発行し、フジHDの持分法適用関連会社となる。

具体的な提携内容としては、放送事業における次世代展開へのパートナーシップ形成、映像コンテンツ流通のデジタル化・ネットワーク化に対応する戦略提携、アジアを中心とした海外へのコンテンツ展開・事業展開の拡大などを挙げている。

6266 タツモ(東証JQS)

短期資金の攻勢継続、値幅制限上限でカイ気配に張り付いている。

きょうで5連騰、この間に取引時間中含めストップ高は3回、株価はほぼ2倍に化けた。

フィルルター用顔料塗布装置など液晶製造装置を手掛け、15年12月期は営業利益段階から4期ぶりの黒字化を見込んでいる。

制度信用銘柄だが信用買い残は枯れた状態にあり、業績の長期低迷に伴い機関投資家などの持ち株も希薄で、上値にシコリ玉がない点が投機筋の参戦を促している。

6397 郷鉄工所(東証2部)

日本コンベヤ<6375>が続急伸、一時15.7%高の236円まで上値を伸ばす場面があった。

2027年に品川と名古屋を結ぶ全長285キロメートルで開業を目指すリニア中央新幹線の工事では、全体の86%に相当する246キロメートルがトンネル区間。

掘削工事より発生する大量の残土を運搬する大容量コンベヤーで、同社の収益機会拡大期待が株高思惑を誘っている。

前週末は東証2部の破砕機を手掛ける郷鉄工所<6397>がストップ高に買われ、きょうも同銘柄はストップ高水準でカイ気配に張り付いており、材料株素地を内包し出来高流動性に富む日コンベヤには、それに連動した買いが流入しているとみられる。

6786 RVH(東証2部)

スカイリンク(東京都渋谷区)を株式交換により完全子会社化することを発表した。

スカイリンクは、ゲームアプリ開発などの開発企業で、D2Cがパブリッシングする150万ダウンロードを突破した「NBA ドリームチーム」や「疾風幕末演義」、「繚乱三国演義」、「関ヶ原演義」、「ロストクルセイド」など有力ゲームアプリの受託開発運営を行っている。

7833 アイフィスジャパン(東証2部)

5月25日大引け後(15:00)に業績・配当修正を発表。

15年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益を従来予想の2億円→2.7億円(前年同期は1.4億円)に35.0%上方修正し、増益率が41.8%増→91.5%増に拡大し、従来の9期ぶりの上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。

上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の4.8億円→5.5億円(前期は3.9億円)に14.6%上方修正し、増益率が22.4%増→40.3%増に拡大し、従来の9期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。

同時に、従来無配としていた今期の上期配当を2円(前年同期は無配)実施するとした。

年間配当は7.5円になる。

7939 研創(東証JQS)

5月15日大引け後(15:00)に決算を発表。

15年3月期の経常利益(非連結)は前の期比7.4%減の3.4億円になったが、従来予想の3億円を上回って着地。

16年3月期は前期比0.6%増の3.5億円とほぼ横ばい見通しとなった。

5期連続増収になる。

直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の経常利益は前年同期比5.2%減の2.1億円に減り、売上営業利益率は前年同期の15.1%→13.0%に低下した。

9927 ワットマン(東証JQS)

5月15日大引け後(15:05)に決算を発表。

15年3月期の経常利益(非連結)は前の期比52.5%減の5700万円に落ち込んだが、16年3月期は前期比2.5倍の1億4000万円に急拡大する見通しとなった。

直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の経常利益は前年同期比3.8倍の5700万円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の0.4%→6.8%に急改善した。

◆世良 希から一言◆

一人でも多くのかたが富裕層の仲間入りを果たし、

国内消費が上向き、

少子高齢化の進む日本において、景気の底上げに繋がることを願ってやみません。

当ブログの銘柄情報をもとに、勝てる投資戦略を構築するにはこちら


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。